野心を抱いている人にはピッタリの仕事

最初に純粋無垢な青年であった主人公:立花がどんどん夜の世界に染まっていく様子は、本当に見ていて怖いぐらいですが、「それでもどんな手段を使っても手に入れたいものがある」という野心だけで突き進んでいく様子は怖いながらもグイグイと引き込まれていく魅力があります。

作品でも描かれているように、キャバクラのボーイという仕事は、そんな野心を抱いている人にはピッタリの仕事だと思います。

学歴や資格、経験、特別な才能はいらないような、まさにやる気と実力だけでのし上がり、高収入が望める仕事です。


当に特別な才能はいらない

主人公:立花のようにまずはキャバクラのホールスタッフとして勤め始め、気持ちを高くして仕事をマスターしていくことやスタッフやキャストとの信頼関係を築くことができれば、徐々に仕事の幅が広がっていき、次のステップとしてマネジャーへ、そしてさらには店長へとステップアップしていくことができます。

誰にでものし上がれるチャンスがあり、本当に特別な才能はいらないんです。

必要なのはやる気を見せて、実力を身に付けるだけ。時には野心を全面に出して、主人公のように自分の嫌なことでも積極的に推し進めるくらいの気持ちの強さがあれば、どんどん栄光に近づくチャンスがめぐってくるでしょう。