主人公の立花篤は俳優の永井大さんが演じる

テレビドラマでは主人公の立花篤は俳優の永井大さんが演じています。永井さんといえば、その甘いマスクと鍛え上げられたボディーで体育会系の俳優さんとして有名ですよね。

特技の空手は国体5位の実績を持つほどの腕前だそうです。

また、「特命係長 只野仁」シリーズや「7人の女弁護士」を始め俳優業として活躍しているだけではなく、ダイエット応援番組「ミラクル・シェイプ」では司会も務めるなど、多方面で活躍されています。

イメージ引用サイト:http://blogs.yahoo.co.jp/psmmj705/20424958.html

そのみどころの一つは永井さんの脱ぎっぷり

ドラマ『黒い太陽』は全八話あるのですが、そのみどころの一つは永井さんが脱ぎまくっているところです。

ドラマの記者会見でもミントキャンディのNo.1キャストを演じる女優:滝沢沙織は「全体のみどころとしては、立花さんが脱ぐシーンがあるんですが、そこがみどころになるんじゃないかなと思います(笑)」とも話していますし、同じくライバルとなる藤堂猛を演じる俳優:伊原剛志さんも「男性はきれいな女性を、女性は毎回スッポンポンになる永井君を楽しみにしていてください(笑)」と語っているくらいです。

※参考イメージ

魅力はドラマの内容としての面白さ

朝起きたら裸になって、キャバ嬢にいじめられたり、ベッドシーンで脱ぎ、政財界の大物に「脱げ」と命令されて裸になる。

そしておまけに毎回のエンディングテーマ時も永井大さんのシャワーシーンが映されるくらい脱ぎまくっています。

ドラマの内容としての面白さ以外にも、美しい肉体を拝めるという面白さもあるドラマです。

※参考イメージ