リアリティ がここにはある

『黒い太陽』という作品はフィクションでありながらも、実にリアルな夜の世界を追求している点で優れている作品と評判です。

「ここまで書かれると商売がやりにくい!」と言わせるほど新宿歌舞伎町のキャバクラ店長も絶句したリアリティ がここにはあります。


内情についてかなり詳しくリアルに

夜の世界のキャバクラを舞台として、一人の若者の立身出世、栄光と挫折を赤裸々に描いていてあって、キャバクラに行ったことがない人でも、この本を読むと業界の表側も裏側までも分かってしまいます。

また、お店のマネジメントや顧客・キャストの管理方法、男と女の色恋沙汰や女同士の嫉妬といったドロドロの人間関係など、内情についてかなり詳しくリアルに書いてあります。

キャスト同士の嫉妬や駆け引きなどは思わずゾッとしてしまいます。

キャバクラに行ったことがある人は、リアリティがありすぎて、逆に行きたく無くなるかもしれません。


経営するには大変な努力と苦労が伴う

また、自分のお店を経営しようと考えている人にとっても、考えさせられる一冊になっています。どんな業界でもそうですが、経営するには大変な努力と苦労が伴いますよね。主人公の栄光と挫折を見てみると、自分が考えているほど甘くはないということを思い知ると思います。